2015年4月6日月曜日

100年の自虐、片岡フグリが本日付けで血まみれの四半世紀を迎えた。
「どうせ誰も祝ってなんてくれないんだ、、」と家系ラーメンにんにく増し増しを喰らった後、酩酊、後、駅前ベンチにて就寝、異臭騒ぎのひとつでもと鑑みておりましたが、思いの外の祝電を頂き、ハッピー至極。マジでスーパー嬉しいです。コツコツ返信もアレなので、まとめてARIGATO。生存戦略続行決定。

25歳の節目ということですが、相変わらずのガキ、であり、売れないミュージシャン、である。
だが、現行の活動に一縷の曇りもなく、漲りボルテージも問題のない数値を示しておるので、ざっと遍歴を振り返ることにする。要は順番なのである。すれ違いの、出逢いからの、対話からの、キスからの、揉みからの、だ。ギンギンのカタルシス。オーガズムの曙光も近かろう。


16歳 バンド、オイルショック結成

所謂原点。すべての歪はここより始まる。


メンバーが即やめたので一年程ひとり。
某ブログ参照によると、爆音でかけたじゃがたらをバックに全裸でダンシン。集いしガールたちをすべてバーカウンターへ追いやったりという腕白至極な活動を経た後、上記引用の様な形態に。
ライブ後は必ず10時の終電で帰る最高に健全なバンド。
稀に見知らぬガールをかどわかし、飯からマンガ喫茶から何から何までおごらせブイブイ言わしてた夜もあったりなかったり。

18歳 オイルショック、解散。と同時にユニット、salvadors結成。
半年ほどでやめて、バンド、東京ゴッドファーザーズ結成。

ライブ当日、インフルエンザにかかったメンバーが病欠するはずのところ、2時間ほど死ぬ気で自転車を飛ばし、電車を乗り継ぎ、開演10分前に到着、演奏後即帰宅。というカッコ良過ぎるパッフォをやりやがった事に大変な嫉妬心を憶える。
この頃の毎日をまとめたブログがあったが、いつぞやの発奮の際に削除してしまった。残念。
今日見たパンツの色やシチュエーションとか大体がそんな感じ。
銀杏BOYZ掲示板で見つけた傑作ブログ「もっと近付いて笑って早く」をきっかけに始めた雑記だった。

同18歳 上京、バンド、クロエ結成
初めて東京へ行った時にいったでぶコーネリアスのライブを見にきていたメンズとバンドを始める。

毎日の様に高円寺へと赴き、柄シャツやハリウッド系雑貨を買いあさる日々。
暇さえあれば友と日高屋へ行き、ブルーハーツやエレカシについて熱弁を震ったり、日が昇るまで轟音でかけたボアダムスなどで踊る。コンポの「MAX」表記をはじめて見たのもこの頃。隣の部屋から終夜ドリルの狂音が聴こえたり、といったエキサイティングな東京デイズ。

20歳 クロエ解散
茫漠と酒の一年の始まり。親に「俺はもう駄目だ、、ゼツボウ、、」と泣きながら電話で頼み込み美大予備校への入学を許して頂く。
この時期につくったのはこれだけ。歌もいくつか作った記憶があるが、歌詞もコードも海の藻屑。

スーパーの陳列ガールに始まり、水族館で見かけたガールなどに片っ端から一目惚れし、メールアドレスを聞いて回るが、すべて空振り。
寄った銭湯の番頭に、「きみは小さくてかわいそうだねぇ、煙草あげるね」と自分の身長が平均的に見て小さめということを気付かされ、愕然とし、売れてるロックバンドの身長を調べて回る。宮本浩次が更に好きになる。
blood thirsty butchersのライブにひたすら通う。何度見ても「ほ、ほんものだ!!!」の意識が消えず、結局言葉を交わしたこともサインをもらったこともない。
この辺の日々をまとめたブログが残っていた。
URLより、心の底から俺はfoulを愛していたんだな、という事が伺える。勿論、今もだ。

21歳 バンド、ギルア・ラ・ディオ結成

18、19の頃に買いだめておいた柄シャツが役に立つ時がついにやってきた。と嬉々としてそれらを着込む。
己が汗臭いタイプだ。という自覚はまだ無い。

22歳 ギルア・ラ•ディオ解散 片岡フグリ始動 エレファントノイズカシマシ結成



そして、現、25のフグ。
随分色々とやってきた様子だが、何はともあれこれからなので極力簡素にまとめました。

これからの事は、やっぱり音楽をやり続ける。ということだ。
産まれてこの方、就職したい。と思ったのはさくらプロダクションだけだし、覚悟云々以前に、リアリティが感じられない。16の時からずっと音楽をやってきて、関係性、コミュニティの中心もここだったのだ。今さら変更ってのもアレだし、何より、働く方向でずっと頑張って、その為の勉強やインターンや就活やらをやってきたヤツらに、勝ち目がある訳がない。デザイン(https://www.tumblr.com/blog/naturalpsyche)映像のあれこれ
(https://www.youtube.com/watch?v=KTZ7x0M2EKw)を学んだのも、なるだけ自分で活動をやっていく為、と後付けした。(元々の美大にいったキッカケは、もっとやけクソめいたものだった)
だから、今の俺にとって音楽は夢ではない。一番リアリティのある、未来なのだ。
あとは一ミリでも己を向上させ、人前に立ち続けること、今はそれだけだ。



4月7日   大宮ヒソミネ
4月9日   高円寺ミッションズ(エレファントノイズカシマシ)
4月13日  大塚ミーツ
4月17日  大阪ライブ喫茶亀
4月19日  丹波ラッソン
4月27日  東高円寺二万電圧(エレファントノイズカシマシ)
5月5日   高円寺ampcafe
5月6日   大宮ヒソミネ
5月10日  渋谷ルビールーム
5月23日  高円寺ドムスタジオ(ASTROrohcoさんとのデュオノイズ)
5月27日  三鷹おんがくのじかん
6月6日   三鷹おんがくのじかん
7月3日   東高円寺UFOCLUB
片岡フグリ主催企画
<<MELTING SHITTY POP NEXT vol2>>

片岡フグリ
ASTRO
kumagusu
ふじたゆかり(大阪)
jan and naomi

DJ TAKEE
DJ Nez6was9
 
7月4日 法政大学(エレファントノイズカシマシ)
7月8日 四谷アウトブレイク(エレファントノイズカシマシ)





1 件のコメント:

  1. サカキ"低俗”ユウスケ「おめでとう!よく生きました!」

    返信削除